MENU

 自分が大好きなずっと年上の女性と初めて会って、そのままランチに出かけて行きました。
余りにも綺麗な顔をしていた。麻由美さんにタジタジの状態で緊張してしまいましたね。
そんな僕を余所に、彼女の方といえばいたって落ち着いていましたし、とても優しい微笑みを見せながら会話を楽しんでくれました。
「わたしみたいなオバサンで楽しいの?」
「年上の女性が大好きだし、麻由美さんは全然オバサンじゃありません。」
「ふふっ、上手なんだね」
「ヨイショじゃないですよ、本心ですから」
こうやってリアルで対面しながら会話をするって、本当にドキドキしちゃったし、幸せな気分を満喫してしまいました。
45歳という年齢なんだけど、顔は本当に綺麗でとても若々しい感じでした。
それにスタイルもスリムで服の上からでもナイスバディなのがよく分りました。
「全然太ってないですよね、凄いですね」
「一応、気をつけているけどね、年齢的にもなかなか難しいんだよ」
どうしても彼女の服の中が見たい、彼女と重なり合いたい、そんな気持ちが自分の心を支配していってしまいました。
最初はデートだけで良いと思っていたんだけど、余りにも綺麗な美熟女だったこともあり、性的な欲望も大きく膨らんでしまったんです。
それを見透かしたような感じでしたね、さすがに年上の女性です。
「今日は時間があるの?」

「はい、たっぷり余っています」
「なら、夕方ぐらいまでお付き合いしてくれるかな?」
「は、はい、大丈夫ですよ」
これは誘っているのかどうか自分じゃ判断ができなかったんだけど、レストランを出て向かった先と言うのが、確かラブホテルがたくさんある地域。
彼女そのままホテルに入っていってしまいました。
会ったその日のうちに、こんな関係になっていくなんて…しかも素晴らしい美人の女性と一緒。
その日のセックス、ものすごく燃え上がってしまったのでした。
何度も彼女の穴の中に挿入をして、激し腰使いでお互いの快楽を楽しんでいきました。

 

美魔女をセフレにしたい人必見のサイト
熟女サイトランキング
人気有名サイト登録無料